【歯を残すために今できること】お口のケアに役立つオーラルグッズまとめてみた

自己成長
記事内に広告が含まれる場合があります。

食事を楽しむためというのはもちろん、見た目の第一印象や清潔感といった観点からも「歯」というのはとても大事。

自分では気づきにくい口臭という観点からも気をつけたいものですよね。

アメリカでは歯が汚い人は面接で採用しないなんてこともあるのだとか。

それだけ歯や口のケアが重要視されているということでしょう。

しかも歯は一度抜けると自力では二度と生えてこないというのも面倒なところでもあります。

そんな歯を残すには日頃からのケアがとても大切。

これを怠っていると気づいた時にはもう歯や歯茎がボロボロになっていて、元の状態に戻すことができないなんてことになってしまいます。

そこで今回は、そんなオーラルケアに役立つおすすめアイテムをまとめて紹介していきたいと思います。

歯を残したい方や日頃のケアについて知りたいという方にぜひチェックしていただきたい内容です。

それでは早速いきましょう!

オーラルケアアイテムまとめ

フロス

これをするのとしないのとで口内の汚れの除去率が大きく変わるのがフロス。

ただ歯ブラシで磨くだけでは歯垢除去率は約50%と言われています。たったこれだけしか取れていないのかと驚く方も多いかもしれません。

しかしこのフロスを使ってあげることでその割合は90%に上げることができます。

この違いが積み重なれば大きな差が生まれるのは誰の目にも明らか。毎日のオーラルケアにマストなアイテムです。

電動歯ブラシ

ゴシゴシ自分で歯を磨くのがめんどくさいという方はこちらがおすすめ。

特に水の力で洗うタイプのものが楽かつ高い洗浄力を期待することができます。

これを使うと歯医者さんでよくある「磨き残しがありますね」と言われることが激減するんですよね。

お金に余裕がある方は投資として検討する価値十分にありです。

マウスウォッシュ

歯磨きの後や寝る前に、一すすぎするだけでも洗浄効果がだいぶ変わるのだとか。

口内がスッキリするのが良いんですよね。

うがいのようにわりかし簡単にできるところもおすすめポイントです。

舌ブラシ

舌の汚れが口臭に影響を与えると言われています。

実際「舌垢」と呼ばれる舌にある白い汚れがこうした匂いの原因となっていることが多いです。

そんな舌の汚れを取るには舌ブラシが最適。

優しく撫でるように使うことで舌の汚れを落とすことができます。

口臭が気になる方は一度使ってみるのもありです。

ホワイトニング

白くてピカピカしている歯には誰しも憧れてしまうもの。

今では自宅でもホワイトニングをできるようになっていますよね。

わざわざ通院する必要がないというのがこの大きなメリットでしょう。

葉の黄ばみが気になるという方はこうしたホームホワイトニングを試してみるのもありです。

まとめ

今回はオーラルケアグッズをまとめて紹介してきました!

いつもでも食事を楽しむためというのはもちろん、見た目の第一印象や清潔感を考える上でも非常に重要になってくる歯。

歯は一度失うと取り戻せないからこそ、日頃からのケアがとても大切になります。

気づいた時にはもう歯や歯茎がボロボロになっていたなんてことを避けるように日頃から注意していきましょう。

その際には今回の内容を少しでも参考にしていただければと思います。

この記事が、皆さんが歯を残すためのケアを考える上での一助となれば幸いです!