【やはり良いこと尽くめ】ポジティブの3つのメリットとなる方法3選をまとめてご紹介!

豆知識
記事内に広告が含まれる場合があります。

ネガティブが悪いことは知っているんだけど、実際にポジティブになるのは結構難しいですよね。

「うまくいかなかったらどうしよう」
「あの人に悪く思われてるに違いない」
「マイナスのことが頭に浮かんで、なかなか動けない」

なんてすぐに悪い方向に考えてしまうという人も多いのではないでしょうか。

僕もかつてはすごくネガティブで、何をするにも最悪の状況を考えてしまい、なかなか行動することができませんでした。

しかし考え方を変え、毎日あることを続けることで、少しずつポジティブになることができ、人生が大きく変わりました。

そこで今回はポジティブ心理学の内容を踏まえて、ポジティブでいることの3つのメリットとその実践方法について紹介していきたいと思います!

  • ネガティブな自分を変えたい
  • メンタルを強くしたい
  • 人生をもっと楽しく、希望に満ちたものにしたい

こんな方にぜひチェックして頂きたい内容です。

それでは早速いきましょう!

ポジティブでいることの3つのメリット

①やる気と行動力が上がる

これは最もわかりやすいメリットなのではないでしょうか。

ネガティブな人はやはり何か行動を起こしたり、新しいことを始めようとすることがなかなかできません。

「失敗したらどうしよう」と考えて、現状維持に陥ってしまいます。

一方ポジティブな人はどんどん行動を起こしていくことが可能です。

「失敗してもどうにかなるでしょ〜」と考えられるためですね。

行動することができれば、自然とやる気も湧いてきます。

結果的にこの違いは両者の間に大きな差を生み出すことになります。

②生産性がアップする

「ポジティブでいるだけで生産性が上がるかよ」と思う人は少なくないでしょう。

しかし、ポジティブ心理学では以下のことが広く謳われています。

人間はポジティブな気持ちの時に初めて、本来持っている能力を最大限発揮することができる

想像してみるとわかりやすいのですが、

「自分はダメだ」「できないかもしれない」と思っている人と
「俺ならできる」「私は絶対に成功する」と思っている人がいた場合

明らかに後者の人の方が自分の全力のパフォーマンスを発揮し、いい結果を呼び起こすことができそうですよね。

人間はネガティブな時、自らの本来持つ力を半分も発揮することができないのだそう。

それならば、たとえ根拠がなくても「自分はできる」とポジティブでいた方が絶対にお得です。

③目標達成のための継続力がつく

年収アップやダイエットなど何か目標を達成するためには、それなりの努力の継続が必要不可欠になります。

その際には、自分が今していることに対して価値や意味を見出せなければなりません。

ポジティブな人は未来や現在を肯定的に捉えられるので、これが自然とできてしまいます。

一方ネガティブな人は「こんなことしたってどうせ何にもならないよな」と考えてしまい、何をしても中途半端で終わってしまいがちです。

自分が今やっていることに意味を見出すことができるようになるためにも、ポジティブでいることがとても大切です。

ポジティブになるための3つの方法

以上のようなメリットを踏まえて、実際にポジティブを身につけるための方法やテクニックを見ていきましょう。

どれも簡単にできてお金もかからないものなので、是非やっていないものは毎日の生活に取り入れて見てください。

その積み重ねがネガティブな自分を変え、人生を変えてくれます。

①アファーメーション

「アファーメーション」とは自分にポジティブな言葉がけをするというものです。

日々「おれはできる」「私は幸せだ」「自分は運が良い」

など自分にとって肯定的な言葉をかけていくものです。

一見、宗教的でヤバい雰囲気がありますが、これが効果絶大です。

人間の脳は自分の言葉に簡単に騙されるという性質があるのだとか。この性質をいい意味で利用してやりましょう。

特に朝の起床直後と夜の寝る前にやると、深層心理まで効果的に自分の言葉を届けることができるので、その時間帯にやるのがおすすめです。

ちなみに何か困難にぶつかったり、不安な考えが頭に浮かんだ際には五条先生の「大丈夫、ボク最強だから」を心の中で唱えるのもおすすめ。

呪術廻戦】五条悟がかっこいい!領域展開の能力や声優も紹介! | ページ 2 | コミックキャラバン

これを続けていくと、困難にぶつかっても、自然と「自分なら大丈夫」と思えるようになれます。笑

関連:【体験談:だいぶ変わります】アファメーションを一年続けて感じた7つの効果

②説明スタイルを転換する

「説明スタイルの転換」とは、一見ネガティブな出来事をポジティブに捉え直すことです。

これは例えば、あなたが長年付き合った恋人に浮気され、別れることになってしまったとします。

このままではあなたは一見、不幸に突き落とされた不運極まりない者です。

しかし別の見方をすると、浮気をするような軽薄な人物と縁を切り、より良い相手を探す機会を得たとも見ることができます。

このように物事には必ずプラスの側面とマイナスの側面の両方が同時に存在しています。

どうせ目の前の事実が変わらないのなら、プラスの要素に目を向けてその事実をポジティブに捉え直すことが「説明スタイルの転換」です。

この考えを身につけると、ネガティヴな感情に長時間苦しむことが無くなり、ある意味で割り切った態度で生きていくことができるようになります。

③1日の終わりにその日あった良いことを3つ書き出す

これは「スリーグッドシングス」とも言われ、心理学的にも効果が認められている方法です。

実際に書く内容はどんな些細なことでもよく

「天気が良くて気持ちよかった」
「ランチのハンバーグがおいしかった」
「帰り道に見つけた花が綺麗だった」

などどんな小さなことでも構いません。

毎日の中にポジティブな要素を見出すことが習慣になると、日々を前向きに充足感を持って、過ごすことができるようになれます。

そんなにすぐポジティブになれるか不安?

この気持ちはすごくわかります…

今までネガティブ気味だったのに、いきなりポジティブになれって言われたって最初はなかなか難しいものです。

そういう時は思いつくかぎり最悪の状況をイメージしてみましょう。

そのようなネガティブが頭をよぎった時に思い出してほしい言葉があります。

心配や悩み事の84%は、実際には起こらない。

つまり、不安に思うことが起こる確率は16%だけであるということです。

そして研究によると、そのうちの12%は事前に対策すれば、防げるのだそう。

すなわち心配事の96%は実際には起こらないと言うことができます!

想像しうる限り最悪のシチュエーションを思い浮かべた上で、このことを思い出せば、いくらか気持ちが軽くなりませんか?

まとめ

今回は、ポジティブのメリットとその実践方法を紹介してきました!

ポジティブになることで間違いなく人生は好転します。

ある研究では成功者の共通点として「前向きであること」が上がったと言います

ポジティブであるか否かはあくまで主観的な要素であるため、自分の考え方1つでどうとでもすることができます。

ポジティブでいることのメリットを享受し、人生をより良いものとするためにも、是非今回紹介した方法やテクニックを利用してみてください。

この記事が、皆さんがポジティブになるきっかけとなり、人生をより良くするきっかけとなれば幸いです!

【おまけ:おすすめ映画「きっと、うまくいく」】

“>

きっと、うまくいく【予告】3 idiots JAPANESE TRAILER

ポジティブの大切さを学べ、勇気をもらえるインド映画の傑作なので暇な時にぜひ。