【「悔いなき人生」のために】人が死ぬ時にやっておけばよかったと後悔する7つのこと

哲学・思想

一度きりの人生。

どうせなら最後に「やり切った!」と思える人生にしたいですよね。

しかし「どのように生きれば、最後に充実感を感じられる人生を送ることができるのか」

の答えをいきなり出すのは難しいです。

そんな時にヒントとなってくれるのが

「過去に人が死ぬ時に後悔したこと」です。

過去の「こんな人生を送れば良かった」「あんなことをしておけば良かった」

という声に耳を傾けることで、逆説的に自分がこれからどのように生きていくべきなのかの道しるべを得ることができます。

そこで今回は「死ぬ時に後悔すること7選」と題して、人が死を迎える際に悔いを感じがちなことをご紹介していきたいと思います。

  • 「悔いのない人生を送りたい」
  • 「どのように生きれば満足できる人生になるか知りたい」
  • 「一度きりの人生を最高のものにしたい」

こんな方にぜひチェックしていただきたい内容です。

それでは早速いきましょう。

人がやっておけばよかったと後悔すること7つ

⒈ 「もっと自分に正直に生きればよかった」

やはり自分の本心に従わずに生きたことを後悔する人は多いようです。

日々を振り返ってみて、皆さんは自分の心からやりたいことに時間を使うことができているでしょうか。

世間体や他人からの評価のため、多くの人は自らの本心を隠しながら毎日を生きてしまっています。

自分の本当の夢や理想のライフスタイルは叶わないものと自分で決めつけ、ワクワクしない日々に妥協しながら毎日を生きてしまいがち。

しかしこうした毎日を過ごしていては、やはり人生の最後には後悔を感じてしまいます。

「他人の人生」を生きるのをやめ、「〜したい」という純粋な声に従って自らに正直な人生を生きることが、人生に悔いを残さないためには大切であるということを学ぶことができます。

⒉ 「働きすぎなければよかった」

必要以上に仕事に時間を費やしすぎてしまったことを後悔する人も多いようです。

私たちはとかく仕事を日々の中で優先してしまいますが、仕事はそんなに人生において重要なものなのでしょうか。

仕事以外にも家族や友人との時間や自分の趣味にかける時間など、人生の充実度を高めてくれるものは数多く存在します。

生活のためには働く必要があるといっても、仕事が生活や日々の満足度を圧迫してしまっては本末転倒です。

このように手段が目的になってしまうことは絶対に避けたいもの…

あくまで仕事は生活をより良くするための手段であるということを念頭に置き、仕事以外の時間の充実を図ることが、人生に悔いを残さないためには大切であるということを感じさせられます。

(仕事が楽しく、心からやりたいものであるという場合は話は別です。)

⒊ 「健康に気を遣っておけばよかった」

人生を楽しむ上で健康な体は必要不可欠です。

このことを頭でわかってはいながら、あまり健康に気を遣うことができていないという方も多いのではないでしょうか。

しかし大きな病気になったり、寝たきりの状態になってからでは遅いというのが事実。

実際多くの人が、こうした経験をして初めて健康の大切さに気づき、後悔をしているといいます。

また健康というと遠い未来のためのように思われがちですが、実は今目の前を思い切り楽しむためにもすごく重要であったりします。

前々から楽しみにしていた予定の日に風邪気味だったり、お腹が痛かったりしたら、思う存分そのイベントを楽しめないというのは想像に難くないですよね…

これらを避けるためにも、将来の快適さや今目の前の幸せを思いながら健康のためにできることを日々積み重ねていきましょう。

⒋ 「自分の気持ちを伝えておけばよかった」

自分の中にある気持ちを外に出さず、そのままにしてしまったことを後悔する人も多いのだとか。

その気持ちとは家族や友人への感謝や愛する人への思い、好きな人への告白などさまざまです。

こうした後悔を無くすためにも、日頃から自分の気持ちを小まめに伝えておくことが大切です。

「いつか言おう」と思っていて、もし最後までそれを言うことができなければ、後悔してもしきれません。

自分の気持ちや考えは言葉や手紙などの形にして初めて相手に伝わるものです。

まずはできる時に身近な人から、自らの内にある思いを伝えてみてはいかがでしょうか。

⒌ 「人間関係を大切にしておけばよかった」

人間は結局、他者との関わりの中でしか大きな幸せを感じることができない生き物です。

そのため、最後になって自らの人間関係の希薄さを嘆くことになる人も多いようのだとか。

よって友達や家族と連絡を取り続けるということが大切になります。

そしてたまにそうした人たちと実際に会って「自分は一人じゃなく、こうして大切な人たちと繋がることができている」

という感覚を味わうようにしたいもの。

しかしこの時、関わりのある人の人数は気にしなくて構いません。

本当に自分が接点を持ちたいと思える人とだけ繋がりを保っておく。

これが人間関係においての後悔を減らし、人生の満足度を高めるためには重要です。

最近大切な人たちと疎遠になっていると感じた時に何度でも振り返りたい内容ですよね。

⒍ 「感情に振り回されなければよかった」

一時の感情に振り回され、無駄な時間を多く過ごしてしまったという人も多いようです。

怒りや悲しみといった感情は、私たちの冷静な判断をする能力を奪い、通常ならあり得ないような選択をさせることがしばしばあります。

カッとなって過度な暴力に走ってしまったことやネガティブな出来事に対して必要以上に落ち込んでしまったことは、後になって取り返しのつかないことをしたという感覚に襲われることを招きます。

そのため常日頃から自分の感情を客観視し、これをコントロールできる能力を養っておくことが重要になります。

日頃から自分の感情を観察し、なるべく常に冷静にいることに努めることで、人生の後悔を増やすことを防いでいきましょう。

⒎ 「もっと人に貢献すればよかった」

人間は社会的な生き物であるため、人に貢献したり、感謝された時に大きな幸せを感じます。

そのため最後を迎える時に「もっと人のためになることをすれば良かった」と後悔する人も多いようです。

自分一人だけが楽しい時に感じる満足度と誰かに貢献した時に感じる満足度では、後者が圧倒的に大きなものになるということがわかっています。

人生をより満足したものとし、後悔を残さないようにするためにも日頃から「誰かに何かをしてあげる」という意識を持って生きてみてはいかがでしょうか。

そのためにも自分自身にしっかりと目を向け、今の自分にできることや他者に貢献できることを探しておくという姿勢を忘れないでおきたいものです。

まとめ

今回は、死ぬ時に後悔すること7つをご紹介させていただきました。

過去の人たちの後悔を見ることが、一度きりの人生をより良くするのに、有益な情報をもたらしてくれます。

「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」

という言葉がありますが、これは人生を考える上でも当てはまります。

今回紹介した内容を踏まえて日々を生きていただければ、最後に後悔することも少なくなるのではないかと思うので、気になったものからぜひ実践してみてくださいね。

この記事が、皆さんが自らの人生を考え直し、より良い人生を送るための一助となれば幸いです。

参考文献。